散骨とは?お墓に納めない
自然葬「散骨」が増えている理由

日本海洋散骨葬情報センター

海洋散骨とは?

海洋散骨について

海にお骨を納める「海洋散骨葬」

日本では火葬が一般的ですので、故人の遺骨はお骨壷に入れてお墓へ納めるのが通常です。しかし近年、遺骨を自然に還す「散骨葬」が増加しています。散骨とは、亡くなられた方の遺骨をお墓に納めず、海や山などへ撒くこと。その形は、海や川、山中や野山、空や宇宙に散骨するなど多様化しています。

但し、山中や野山など陸地の場合には、散骨の許可がおりた指定された場所である必要があります。海洋散骨の場合は厳密な指定はありませんが、節度を持ったルールのもと散骨が行われ、陸地よりある一定の距離を保ち、いくつかの条件を満たした状態であれば散骨する事が可能です。いずれにせよ、大自然の一部として命あるものの最も自然な還り方であるともいえます。

お墓に限定しない自然な葬送の形

散骨を選択する人が増えている背景には、現代社会ならではの理由があります。高齢化、少子化、また核家族化により、実際問題として従来のお墓の概念から遠ざかりつつあるといわれている現在、お墓を維持・購入する事を選ばない方が増え、時代にマッチする新しい価値観が生まれ、散骨が注目されています。

散骨と言うと、日本では比較的新しい感覚かもしれませんが、海外の国々では一般的な葬送の方法である事も知られています。墓地に納めるのが当たり前、という固定概念が薄れ、個人それぞれの価値観が尊重される時代になったとも言えます。

散骨を選ばれる方のご意見

  • 大自然の一部となるロマンある葬送である
  • 暗いお墓の中ではない夢のある最後を
  • 全ての生物と同じ自然へ戻るのが一番だと思う
  • 海や山が好きだったので最後はそこに行きたい
  • 故人が希望していたので
  • 子供達にお墓の管理で迷惑を掛けたくない
  • 無縁墓などの心配がない
  • 親族に気を使う事なく最後を迎えたい
  • お墓にお金を使いたくない

散骨を希望される理由はそれぞれです。
しかしながら、従来のお墓に納めてあげたいという考えの方も大勢おられます。散骨を希望される場合には、意見や価値観の違いを乗り越え、故人や自分自身が望む最後となるようによく話し合いましょう。行為という形よりも、十分に納得し心安らかになれる方法が、故人とそのご遺族にとって何よりの供養になるはずです。

スポンサードリンク