個人散骨から、合同・代行散骨まで。
それぞれの散骨葬の種類と特徴。

日本海洋散骨葬情報センター

海洋散骨の種類

海洋散骨葬の種類

散骨には大きく分けて3タイプの種類(方法)があります。

散骨には大きく分けて3種類あります。家族や親族だけて行う個人散骨(チャーター散骨)。予算を抑えて乗り合わせで行う合同散骨。事情により立ち会えない、お任せしたいという要望に応え、専門スタッフが代理で行う代行散骨(委託散骨)です。

また、自分の最後は自身で決めておきたいと願う方のため生前予約もあります。あらかじめ、申し込み手続きを済ませ予約しておくことも可能。あの想い出の場所に、最後はここへ還りたい、などの希望を叶えた散骨を自ら決める事ができます。

最近ではペットの散骨が行われる機会も増えてきています。元気いっぱいなパートナーの姿を思い浮かべ、「暗いお墓に入れてしまうよりも、のびのびとした自然のもとに返してあげたい。」という希望から散骨にたどり着くケースもあります。特にペットに関してはお葬式というスタイルが難しい事もあり、お別れのセレモニーのかわりとして、家族全員で出席し散骨を希望される方もおられます。

個人散骨(チャーター散骨)

故人のご親族のみで船を貸し切って行う散骨です。親族のみですので、要らない気を使うことなくお別れに集中できます。出航から帰港まで、全体が式の一部として故人を偲びながらのクルーズとなります。個別ならではの特徴として、融通が利くというメリットがあるでしょう。シチュエーションや場所・式の演出など、可能な限りご遺族の希望に沿う事も可能かもしれません。どうしてもこうしたい、という理想の形があれば事前に相談しましょう。

合同散骨

同時に複数のグループで船に乗り合わせて行う散骨です。他のご家族と同時乗船となりますが、グループごとにタイミングや場所をずらし散骨するといった配慮もあります。見知らぬ家族への気遣いもありますが、同じ場所で同じ最後を希望するという点で共通し、あまり気にならないという意見も多数あります。金銭面な負担が少なく、希望する海洋散骨を行えるという点が最大のメリットです。比較的大型の船で行うケースが多いため、揺れが少なく船内の設備が充実しているという点も望めるかもしれません。

代行散骨(委託散骨)

散骨社へお骨を事前に預けて、専門スタッフのみで責任を持って行う散骨です。
お身体の事情ややむを得ない理由で参加が難しい場合などでも、散骨の希望を叶えられるのが代行散骨のメリットです。また立会いをしない分、費用面の負担が少なくすみます。散骨を行う場所や日時などを確認し、どのように行われるかをよく知っておくと安心でしょう。記録の写真などを用意してくれるサービスもあるようです。

スポンサードリンク